失敗しない最適な掛け布団の選び方の3つのポイント-睡眠不足を完全解消!

LINEで送る
Pocket

失敗しない最適な掛け布団の選び方の3つのポイント

 

こんな人におすすめの記事です

 

ぐっすり眠るための掛け布団選びのポイントを知りたい方

「最近、睡眠不足でスッキリ起きれない。。。不眠症?それとも掛け布団があってないの?」

 

 

この記事では、そんな疑問に答えます。

快適な睡眠に超重要な掛け布団選びについてまとめました。

 

ぜひ、あなたもチェックしてみてください。

そして快適な睡眠で、すがすがしい目覚めを手にいれてください。

 

熟睡できるふとんの3つの条件

まずは熟睡できるふとんの3つの条件をまとめてみました。

 

熟睡できる条件 その1. 寝返りがしやすい

掛け布団選びで、まず避けなければならないのは重すぎる布団です。

安眠の鍵となる寝返りを妨げてしまうからです。

体を押さえつけてしまうため疲労感も残ります。

 

熟睡できる条件 その2. 適度な保温性

次に大事なのが保温性です。

ぐっすり眠っている時に脳から出るデルタ波の量の変化をもとに布団の中の最適温度を調べたところ32〜34度という結果が出ました。

体温より少し低いぐらいがちょうどよく眠れるということです。

 

熟睡できる条件 その3. 湿度が適度に調整される

湿度も快眠には重要です。

深部体温を下げるには、熱が効率よく放出された方が良いのです。

ひとは寝ているあいだにグラス1杯分くらいの汗をかいています。そんなに汗をかいている聞くとビックリですよね。

汗はさらに蒸発する時に身体表面の熱を奪ってくれて、体内から体外への熱の放出が順調に進むことで熟睡できます。

布団は、蒸発した汗の湿気を吸いますので湿気を取るのもよい布団の条件です。

おすすめの掛け布団

熟睡できるふとんの3つの条件を満たす掛け布団として理想的なのは羽毛布団です。

適度に軽く保温性があり乾きも早い。

比較的高価なものですが、快適な睡眠のためには、検討の価値があると思います。

 

綿の掛け布団の手入れについて

ひとによっては、長年使い慣れている綿の掛け布団の方がいいという方もいらっしゃるでしょう。

そうした場合は、すこし工夫が必要です。

綿の掛け布団は湿気を吸いやすいので一晩に書いたグラス1杯分の汗をそのまま吸収します。

このまま何もしないとそれが溜まっていき自然と布団は重くなってしまいます。

ですので、こまめに干したり布団乾燥機を使うようにしてください

また、早めに棉の打ち出し(ふとんの補修)をするといったことが快適な睡眠のためには効果的です。

 

おすすめ

上記のポイントを押さえて、おすすめの「掛け布団」ベスト3をご紹介します。

「腰痛」や「ヘルニア」というからだの痛みを感じている人はもちろん、睡眠不足で目覚めがスッキリしないと悩んでいる人は、ぜひ読んでみてください。

また引越しや1人暮らしをきっかけに新しく寝具を買おうと考えている人も、買う前にぜひ読んでくださいね。

 

まとめ

では今回の話を簡単にまとめてみます!

  • 熟睡できるふとんの3つの条件
    • 1. 寝返りがしやすい
    • 2. 適度な保温性
    • 3. 湿度が適度に調整される
  • 3つの条件を満たす掛け布団として理想的なのは羽毛ふとん
  • 綿の掛け布団は、快適な睡眠のためには羽毛ふとんより手入れが必要

掛け布団選びは、いかがでしたか?

熟睡できるふとんの3つの条件を意識すると選びやすくなりますので、ぜひあなたも試してくださいね。

 

おすすめ関連情報

質の良い睡眠は、あなたの人生を豊かにします。

 

質の高い睡眠をとりたい方はコチラがオススメです

> 眠れない原因を解消!快適な睡眠を手に入れるための完全マップ

 

ここでの知識をぜひあなたの睡眠に役立ててください。

 

 

いろんな知識は、あなたの生活を豊かにします。

この内容をどこかで思い出して、友人やご家族にもぜひ教えてあげてくださいね。