睡眠不足解消法 – 眠りと体温の驚くべき関係!赤ちゃんの手が暖かいのは眠いサイン!?

LINEで送る
Pocket

眠りと体温の驚くべき関係!赤ちゃんの手が暖かいのは眠いサイン

 

赤ちゃんの手や足が温かくなると眠くなると、よく耳にします。

体温と睡眠について、関係がありそうだということで、調べてみました。

ここでは体温と眠りについての関係と、よい睡眠をとるためのヒントについてまとめたので、ぜひ見てみてください。

 

体温が下がると眠たくなる

眠り始めた幼児の手は、ぽかぽかと温かくなります。

実は、この温かくなる手はスムーズな眠りに入るための大事なヒントなのです。

体温は、睡眠と深く関係していて、眠気は体温が下がると強くなるのです。

また、眠っている間に体を充分に休ませるためには、体内の温度が下がることが重要になります。

この体内の温度を深部体温といいます。

 

ひとの体は、1時間前から眠りの準備をはじめる

日中の体内では、ブドウ糖などを燃料にして、エネルギーとなる熱が生み出され、人の活動を支えます。

しかし、夜になっても体の奥には日中に生み出した熱が残っていて、体の休息、睡眠の邪魔になってしまいます。

そこで、ひとの体は就寝する1時間くらい前から、手足に流れる血液の量が増え始め、手足の温度が上昇する仕組みになっています

熱を血液に乗せて手足などの体の末端に運び、体外に熱を捨てようとするのです。

手足がちょうど自動車のラジエーターのようになって、体の奥を冷やすのです。

体の熱が下がらないと、効率のよい休息は得られないのです。

 

一番冷やす必要があるのは? 脳!

体の中でも、特に冷やす必要があるのが脳です。

睡眠は、起きている間に活発に働いてオーバーヒート寸前になっている脳を、クールダウンさせることが大きな目的なのです。

脳の熱が手足を通して、どんどん外へ出て行くと、深部体温も下がっていきます。

深部体温が下がれば、自然に人間は眠くなるのです。

 

深部体温を下げるためにお風呂に入る?!

深部温度を下げる一番簡単で手軽な方法は「ぬるめ」のお風呂に入ることです。

体温を下げるためにお風呂に入るというのは、矛盾しているように思われるかもしれません。

熱を逃げていく手足を温めたら、体の熱は逃げられないような気がするでしょう。

しかし、血液の流れがよくならなければ、体の中心から熱は外へ出ていけません。

温かいお風呂に入って血行をよくすることで、結果的によい睡眠がとれるようになるのです。

 

おすすめ情報

ゆっくりお風呂につかってリラックスしてもなかなか眠れないときってありますよね。そんなとき、少しだけ眠りにつきやすくするために、これを試してみてもいいですよ。

  • なかなか寝つけない
  • 寝たはずなのに朝スッキリ起きれない
  • 十分、寝てるはずなのに疲れが取れない

そんな人におすすめです。

グッドナイト27000(機能性表示食品)

眠りに悩みがある方は、一度試してみてください。気軽に試せるのがおすすめですよ。

 

まとめ

では今回の話を簡単にまとめてみます!

  • ひとが眠っている間に体を充分に休ませるためには、体内の温度(深部温度)が下がることが大切
  • カラダは手足などの末端に熱を運び、外部に放出することで、深部温度が下げている
  • 深部体温を下げるためには、お風呂に入り血行をよくするのが効果的

 

体温と睡眠の関係はいかがでしたか?

私も含めてですが、知っているようでご存知なかった方もいたのではないでしょうか?

 

関連情報

質の良い睡眠は、あなたの人生を豊かにします。

 

質の高い睡眠をとりたい方はコチラがオススメです

> 眠れない原因を解消!快適な睡眠を手に入れるための完全マップ

 

ここでの知識をぜひあなたの睡眠に役立ててください。

 

 

いろんな知識は、あなたの生活を豊かにする助けになります。

この内容をどこかで思い出して、友人やご家族にもぜひ教えてあげてくださいね。