明日への不安は睡眠不足のもと!不安解消にすぐできる2つのこと

LINEで送る
Pocket

明日への不安は睡眠不足のもと!不安解消にすぐできる2つのこと

 

こんな人におすすめの記事です

 

 

翌日、早起きしないといけない方、明日が大事な勝負の1日になる方

「明日大事な日なんだけど、キチンと起きれるかなぁ。。。」

 

 

この記事は、そんな方への役に立つ情報を教えます。

 

次の日に早起きしなければならないというとき、または頑張らないといけないとき、翌日ことを考えているうちに眠れなくなったことはありませんか?

 

こんなときに、前日の夜、誰にでもできる簡単なことで落ち着いて眠れるようになる方法があります。

 

今日から、はじめられることなので、ぜひチェックしてみてください。

 

明日への不安は、睡眠をさまたげるストレスに

あなたは、今まで「次の日、早起きしないと!」とか、「翌日の予定どうしたらいいかなぁ」など、考えていたら眠れなくなったという経験はありませんか?

 

翌日、大事な商談があるとか、大勢(おおぜい)の人の前で話すなど、緊張するようなことが控えていると、その気がなくても知らないうちに気持ちが高ぶって眠れなくなってしまうものです。

こんな気持ちの高ぶりがストレスとなって、眠れなくなってしまいます。

 

睡眠にとってストレスは大敵

とはいえ、逃げ出すわけにもいきませんよね。

 

だから、やっぱり、眠らなと。。。

そして無理して眠ろうとすると「眠らないと!」という気持ちがさらなるプレッシャーとなり、ますます眠れない。。。 そんな負のスパイラルに入ってしまいます。

 

こんなとき、一体どうすれば抜け出せるのでしょうか?

 

 

1. 明日への不安を解消する方法

明日への不安が原因となった不眠の対策としては、眠る前に朝の準備を済ませておくというのがすごく効果的なんです。

  • 使った食器をキレイにしておく
  • 翌日の予定をメモしてテーブルの上に置いておく
  • 翌日の身支度をそろえておく

 

このようなちょっとした準備をしておくだけで就寝時の安心感が高まります

 

「朝やればいいや」と思っていても、朝になったときに寝坊して大慌てしたり、面倒くさくなって朝から気分が落ち込んでしまうかもしれません。

 

そんな風に何もしないで「明日の朝、間に合うかな」「ちゃんと起きて片付けられるかな」とベッドの中で不安になるくらいなら、朝しなければならないことを就寝前に頑張って終わらせましょう

 

2. 重要な会議や商談の前日にするべきこと

重要な会議や商談が控えている時なども、緊張して寝付けなくなるものです。

でも、事前に対策などを紙に書いてテーブルに置くことで、それらにまつわるストレスも解消することができます

明日のことはこのメモを見た時に考えようと思うことで気持ちがかなり楽になるのです。

 

 

まとめ

では今回の話を簡単にまとめてみます!

明日への不安がストレスとなり眠りにつけなくなることがあるが、そのときにやるといいことは?

  • 次の日の不安がある時は、明日の準備をして少しでも解消しておくと眠りにつきやすくなる
  • 重要な会議や商談が控えている時は、事前に対策などを紙に書いてテーブルに置くことでストレスが解消できる

 

おすすめ関連情報

質の良い睡眠には、いろいろな要素が影響しています。

参考にこちらもどうぞ!

 

質の良い睡眠は、私たちを健康にし、パフォーマンスをアップし人生を楽しくしてくれます

> 眠れない原因を解消!快適な睡眠を手に入れるための完全マップ

 

テアニンの効果とおすすめのテアニンサプリを知りたい方はこちら!

> テアニンの睡眠効果とおすすめのテアニンサプリ3選

 

ここでの知識をぜひあなたの睡眠に役立ててください。

 

いろんな知識は、あなたの生活を豊かにする助けになります。

この内容をどこかで思い出して、友人やご家族にもぜひ教えてあげてくださいね。