新型コロナウイルスから身を守るために自分でできるおすすめの3つの対策

LINEで送る
Pocket

新型コロナウイルスから身を守るために自分でできるおすすめの3つの対策

 

こんな人におすすめの記事です

 

コロナウイルスが心配でしょうがない人、対策に何をすればいいかわからない人

「コロナウイルスが流行っているけどどうすればいいんだろう。。。家から出るなって言われてるけどホントに必要?意外に大丈夫なんじゃないの? 家にいるにしても何をすればいいのかなぁ。。。」

 

 

この記事では、そんな疑問に答えます。

 

本記事ではこんなことがわかります

 

  • 新型コロナウイルスから身を守るための基本スタンス
  • 新型コロナウイルスの感染パターン
  • 新型コロナウイルスから身を守るために何をしたらいいか

 

では、さっそくみていきましょう。

 

新型コロナウイルスからあなたを守るのは、あなた自身

東京都の小池都知事が休日の外出を控えるように自粛要請を出しました。

そして周辺の県知事たちは、東京への外出を控えるように呼びかけました。

 

日本の国や政府、さらに都道府県などの地方自治体は、国民を守る役割があります。

新型コロナウイルスの感染が拡げないために、大衆をどのようすれば感染が抑えられるかという少し高い視点から考えて対策しています。

そのため、休日の外出を控えるような外出自粛要請を出したのです。

 

では、国や政府、都道府県などの地方自治体が対策をしているから安心と言えるでしょうか?

おおめに見ても答えは「No」でしょう。

国や政府や地方自治体は、拡がらないように要請をしているだけであって、あなたを守るという視点では動いていません。

 

つまり、あなたを守るために一番頼れるのは国や政府ではなく、あなた自身なのです。

とはいえ、特効薬も見つかっていなく、こうすれば大丈夫という確定した情報もない現在不安に感じていることでしょう。

 

いったい、どうすればコロナウイルスから身を守れるでしょうか。

それは、なるべく正しい情報を集めて、自分の頭で考え判断し、行動することが、あなたが自分自身を守るためにできる一番の防衛策なのです

 

ここでは、新型コロナウイルス を予防するための情報をお伝えします。

 

新型コロナウイルスが感染する2つのパターン

新型コロナウイルスが感染するのは2つのパターンがあります。

その2つとは、

1. 飛沫感染

感染した人の飛沫(くしゃみ、咳、つば など)と一緒にウイルスが放出されて、他の人がそのウイルスを口や鼻から吸い込んで感染します。

 

2. 接触感染

感染した人がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触るとウイルスがモノにつきます。他の人がそのモノに触るとウイルスが手に付いて、感染者に直接接触していなくても感染します。

 

新型コロナウイルスでは、ウイルスに触れたり、吸い込んだりすることで感染します。
逆にいうと、ウイルスに触れなければ感染しない、ということなのです。

 

 

新型コロナウイルスから身を守るために自分でできるおすすめの3つの対策

新型コロナウイルスから身を守るために自分でできる3つの対策をみていきましょう。

 

1. 他人と接触しない、わからないものには触れない

2. 免疫力を高める

3. 正しい情報を手に入れて対策を行う

 

ひとつずつ見ていきましょう。

 

1. 他人と接触しない、誰が触ったかわからないものには触れない

ひとつめは、新型コロナウイルスの感染を避けるためには、他人と接触しない、また誰が触ったかわからないものには触れないことです。

この理由は、新型コロナウイルスが感染するのは飛沫感染と接触感染の2つあるとお話しました。

その2つの感染パターンをできる限り避けるのです。

とはいえ、100%避けられるか、というと正直わかりません。この世に絶対はあり得ないからです。

 

だから、こういう時は確率ができるだけ低くなるように判断して、常に行動すると良いのです。

 

可能ならば今の時期、一番良い対策は「自宅にこもる」ことです

基本的に、家にあるものには、あなたか、あなたの家族など一緒に住んでいる人しか触らないからです。

 

買い出しもできればネットを使いましょう。食事も家で済ませましょう。

もし必要でどうしても外出しないといけないときはできるだけものに触れないようにしてください。

 

このように徹底すれば、ウイルスに触れる確率は、かなり低くすることができます。

過剰に心配しすぎて何もできない、という状態は困りますが、何かをしようとしたときに常に「どうすればウイルスに触れる可能性が低くなるか」ということを判断指針にすると良いでしょう

 

2. 免疫力を高める

ふたつめは、新型コロナウイルスの感染を避けるための対策は、免疫力を高めることです。

免疫力が高いと、感染症にかかる確率を低くすることができます。

なるべくウイルスに触れないように心がけていても見えないものなので、100%避けることは難しいです。もし触れてしまった時に、免疫力が高ければ感染を防ぐことができます。

また万が一、感染症にかかってしまったとしても免疫力が高ければ重篤化(じゅうとくか)を避けられるといわれています。

 

免疫力を高めるには、生活習慣を改善したり、良い食事や栄養素を取ることで可能となります

 

免疫力を高める方法を知りたい方は、こちらをチェックしてみてください

> 免疫力を高める5つの方法!感染症対策に役立つすぐに手軽にできること

 

 

3. 正しい情報を手に入れて対策を行う

最後は、新型コロナウイルス についての正しい情報を手に入れて対策を行うことです。

新型コロナウイルスについては、現時点では治療法やワクチンがなく、わたしたち人間は知らないことばかりです。

 

これから時間の経過とともに新たな情報や治療法などいろいろなことがわかってくるでしょう。

そんなときに正しい情報を入手して対策を行ってください。

 

新たな情報を得ることで、感染の確率をどんどん減らすことができるできるでしょう。

 

ここでひとつだけ注意点があります

それは情報が正しいかどうかはあなたの判断で行うようにしてください

現時点のように多くのことがわからない状態で、脅威を感じている状況では、結論や答えを急ぐために充分確かめられていない情報が出回るケースが増えるからです。

たとえテレビで放送された情報であっても誤った情報がないともいえません。

またインターネットでは、世界中の誰もが情報を発信できます。

誰かをだまそうと思っていなくても間違った情報が流れてくることも充分あり得えるのです。

だから今まであなたが入手した情報をもとに、新たな情報を検証して一貫性があるか、信用できそうな情報かどうかをチェックするようにしてください

 

まとめ

では、今回の記事の内容をまとめます

  • 新型コロナウイルスから、あなた自身で身を守るようにしましょう
  • 新型コロナウイルスが感染するのは飛沫感染と接触感染の2つのパターンに注意しましょう
  • 新型コロナウイルスから身を守るために自分でできる3つの対策
    • 1. 他人と接触しない、わからないものには触れない(家にこもる)
    • 2. 免疫力を高める
    • 3. 正しい情報を手に入れて対策を行う

 

直近の50年でここまでの世界的危機はなかったでしょう。

 

最終的にあなたを守るのはあなた自身です。

情報を集めて、何が有効な情報かを判断してください。

 

おすすめ関連情報

ロックダウン(外出制限)になってもならなくても、自宅で過ごすことが多くなるでしょう。

役に立ちそうな情報を集めました。

参考になる情報があれば、一度チェックしてみてください。

 

食料を備蓄する前にチェックしておきたい3つのポイントは、こちら

> 備蓄する食料を選ぶ3つのポイントとおすすめ備蓄食料リスト

 

自宅に届く食事、弁当、食材のおすすめサービスは、こちら

> 自宅に届く食事、弁当、食材のおすすめサービス

 

手軽にできる免疫力を高める方法を知りたい方は、こちら

> 免疫力を高める5つの方法!感染症対策に役立つすぐに手軽にできること

 

不安に負けないでぐっすり快適に眠るための情報を知りたい方は、こちら

> 眠れない原因を解消!快適な睡眠を手に入れるための快適睡眠マップ

 

自宅にいるこどもの学力が気になる方は、こちらをチェックしてみてください

> 自宅学習でこどもが勉強好きになる5つのコツ

 

いろんなこどもの勉強についての情報が知りたい方は、こちら

> こどもの学力アップに役に立つ情報集

 

ここでの知識をぜひあなたの健康維持、そして生活のために役立ててください。

 

 

いろんな知識は、あなたの生活を豊かにします。

この内容をどこかで思い出して、友人やご家族にもぜひ教えてあげてくださいね。