経験者が教える!保険見直しのメリット・デメリットと失敗回避3つのポイント

LINEで送る
Pocket

経験者が教える!保険見直しのメリット・デメリットと失敗回避3つのポイント

 

こんな人におすすめの記事です

 

保険を見直した方がいいか知りたい人、保険見直しのメリット、デメリットを知りたい人、保険を見直したいけど面倒な人

「保険って見直した方がいいのかな? 保険の見直しっていいことばかりじゃなくてデメリットもあるんじゃないかな? 保険見直しのメリットとデメリットを知りたいな。。。 それと、もし保険見直しの失敗しないための注意ポイントがあれば知りたいなぁ。」

 

この記事では、そんな疑問に答えます。

 

本記事ではこんなことがわかります

 

  • 保険見直しのメリット、デメリット
  • 保険の契約変更(解約、契約)するときの3つの注意点
  • 3つの注意点を回避する方法

 

では、さっそくみていきましょう。

 

 

保険見直しのメリット

保険を見直しをした方がいいとよく言われますが、どのようなメリットがあるのでしょうか。見てみましょう。

 

保険見直しメリット1. あなたに合った保険かチェックできる

保険を見直すメリットの1つめは、あなたにあった保険かチェックできる、ということです。

保険を契約したとき、よくわからずに保険屋さんにすすめられるままに契約してしまった、ということは良くあります。

もちろん、それがあなたの今の状況にぴったりの保険なら問題ないのですが、あまり意味のない特約がついていたり、期待していた保障範囲と違ったということもありえます。

また、保険は規制緩和などによって新しい使い勝手のいい保険が出てきてます。

今の保険よりも、あなたの今の状況にぴったりの保険が新しく出てきていることがあります。

保険を見直すことで、今の保険があなたに合っているかをチェックすることができるのです。

 

保険見直しメリット2. 保険料を安くおさえられる(可能性がある)

保険を見直すメリットの2つめは、保険料を安くおさえられる可能性がある、ということです。

今のあなたには意味がなさそうな特約がついていたら、それを削ることで保険料が安くなります。

また、新しい保険で今と保障内容が同じだけど保険料が安いものがあったら、乗り換えることで保険料が抑えられます。

このように保険の見直すことで、保険料が安く抑えられる可能性があるのです。

 

保険見直しメリット3. 見直してもあなたに合っている保険なら、そのまま続けられる

保険を見直すメリットの3つめは、見直してもあなたにぴったりの保険なら変更せずに継続できる、ということです。

今の保険があなたにあっているかチェックしてみて、もし合っていれば「良かった!」ということで何も変更する必要はありません。

もし何かを提案されても、確認すべきことを確認して必要ないと判断すれば、断れるのです。

「強引に変更させられた」なんて詐欺(さぎ)まがいことは、基本的にはありませんし、こういったことが無いように、後ほど注意点を紹介するので大丈夫です

保険の見直しをして、何も問題なければ変更する必要はないので安心してください。

 

保険見直しのデメリット

保険を見直すことのデメリットも経験を踏まえて紹介します。

 

保険見直しデメリット1. 自分だけで見直しをしようすると難しい

保険の見直しをもし自分だけでやろうとしているなら、かなり時間がかかり、難しくて大変でしょう。

保険には、いろいろ種類がありますし、どのようなケースはどういった保険が一番適切かなど、幅広い専門知識が必要となります。

それなりに保険に関する知識がある方なら良いですが、そうでないなら自分だけでの保険見直しは、しない方が良いでしょう。

あなたは「じゃ、どうすれば良いの?」思ったかも知れません。

相談できる保険の専門家を探して、相談することをおすすめします。

 

保険見直しデメリット2. 相談するのが面倒

保険見直しのデメリットをあげると、相談できる保険の専門家を探すことを面倒、ということかもしれません。

初めて保険の見直しするなら「相談できる保険の専門家なんて、そもそもどうやって探すの?」と思うでしょう。

個人的に探すとかなり難しいと思います。

 

でも大丈夫です。

相談できる保険の専門家を探すのに、便利な保険見直しサービスがあるからです。

初めての人も、何度めかの保険見直しをする人も保険見直しサービスを利用することをおすすめします。

 

便利な保険見直しサービスについて知りたい方は、こちら

> 保険を見直して大幅節約!経験者が教えるおすすめの保険見直し3ステップ

 

 

保険見直しのデメリットを2つあげましたが、わたしが今までに何度か保険見直しサービスを利用した経験からいうと、このサービスを使えば「自分で見直す必要もない」ですし「相談できる保険の専門家もすぐ見つけられる」ので、2つのデメリットは解消できます。

 

ということから、今までの経験から「保険の見直しをするデメリットは、ほぼゼロ!」といえます。

 

ここで「”ほぼ”?」と思った人もいるでしょう。

そんなあなたは、するどい。

 

この”ほぼ”がついている理由は何かというと、保険の見直した上で、もし保険の契約を変更しようとしたときに、注意したほうがいい3つのポイントがあるからです。

それさえ気をつければ、リスクはゼロに近づけられるでしょう。

 

保険契約を変更するときに注意すべき3つのポイント

では、保険の契約を変更しようとしたときには、注意すべき3点を紹介します。

 

保険契約変更の注意点1. 解約して再度加入すると保険料が高くなる

保険を一度、解約して、数年してから同じ保険に再加入しようとすると保険料が高くなります。

これは加入時の年齢が大きく関係します。

保険は加入する時点の年齢が高いと、病気になる可能性や死亡する可能性が高くなるので保険会社も保険金を支払うリスクが高くなるためです。

また、健康状態によっては加入できないということもあります

 

例えば保険料を抑えたいがために、一度、保険を解約したとします。

そして何年かして余裕が出てきたら再度加入すればいいや、と思っていると再加入時の年齢が高くなり保険料が高くなってしまうというわけです。

保険料として、支払えるお金がどれくらいあるか、ということと、どれくらい保障が必要か、ということのバランスで保険を決める必要がありますが、それを考える上でも解約し再加入すると保険料が高くなるということを覚えておきましょう

 

保険契約変更の注意点2. 積立保険は解約返戻金が目減りする

保険の種類に終身保険や養老(ようろう)保険という払った保険料を積立できる保険は、解約時に積立てた保険料が戻ってきます。これを解約返戻金(かいやくへんれいきん)といいます。

解約返戻金は、解約する時期によって戻ってくる金額が変わります。

ある一定の期間を過ぎると払ったお金(元本)より多く戻ってきますが、5年未満などの短期で解約した場合は、払った保険料より少ない分しか戻ってきません。

積立保険の解約時には、目減りする可能性があるので注意してください。

 

保険契約変更の注意点3. 保険を見直すときに「転換」を進められたら要注意

今入っている保険を解約して新しい保険に入り直すことを「転換」といいます。

転換することで、メリットもゼロではないですが、以下のように損してしまうケースがあるので気をつけましょう。

  • 元の保険に戻せない
  • 解約返戻金がもらえない
  • 予定利率が下がる
  • 保障内容が下がる
  • 保険料が上がる

 

「新しい保険が出たので入り直しませんか?」、加入している保険の満期が近づいて「その保険が満期になった後に満期保険金を使って新しい保険に入りませんか?」というような声をかけられたら気をつけましょう。

長期にわたり契約している保険の場合、予定利率が高く契約しているケース(契約者にとっては得な保険)があります。逆に、保険会社にとっては利率が高く、支払う額が大きくなってしまうので、保険を切り替えさせるために「転換」をすすめる可能性もゼロではないと聞きます。

保険会社の営業の人から提案された通りに、あまり考えずに「転換」してしまうとデメリットが大きいこともありますので注意してください。

 

 

保険契約変更の注意点を回避する方法

では、保険契約を変更するときの注意点を回避するにはどうしたら良いのでしょう。

 

回避する方法1. 変更することによるメリット、デメリットをしっかり確認する

保険契約の変更を提案されたとき、変更することによるメリット、デメリットをしっかり確認するようにしましょう。

「変更によるメリットと、あとデメリットも何かあるかと思うのですが教えてもらっても良いですか?」と質問してください

そして論理的であるか、話に矛盾がないか、あなたにとって有利か、損しないか、を確認しましょう。

 

回避する方法2. 転換に対する対応

保険の「転換」は、今契約している保険会社の営業職員に進められるケースが高いようです。

そのため、特定の保険会社に属しているのではなく、中立な立場で保険の相談やアドバイスをしてくれるFP(ファイナンシャルプランナー)に相談することでリスクを回避することができます

医療の世界でセカンドオピニオン(第三者の専門家の意見を確認する)というものがありますが、これと同じように、FPの意見を聞いてみるのもリスクを回避するひとつの方法になります。

 

 

中立な立場のFPを探すのに、便利な保険見直しサービスについて知りたい方は、こちら

> 中立なFP(ファイナンシャルプランナー)を探すのに便利なおすすめの保険見直しサービス3選

 

 

まとめ

では、今回の内容をまとめます。

  • 保険見直しのメリット
    • あなたに合った保険かチェックできる
    • 保険料を安く抑えられる(可能性がある)
    • もしあなたに合っている保険なら、そのまま続けてもいい
  • 保険見直しのデメリット
    • 自分だけで見直すのは難しい
    • 自力で相談する専門家を探すのは大変
  • 保険の契約変更するときの注意点
    • 解約して再加入すると保険料は高くなる
    • 積立保険は解約返戻金が目減りする
    • 保険を見直すといってに「転換」を進められたら要注意
  • 保険の契約変更の注意点を回避する方法
    • 保険の契約変更に伴いどのようなメリット、デメリットがあるかしっかり確認する
    • 中立な立場のFP(ファイナンシャルプランナー)に相談する

 

いかがでしたか?

 

保険の見直しは、専門家に相談すると思った以上にスムーズに進められます

単純に保険料をトータルで減らしたい、という相談もありだと思います。

私も何回か保険を見直しのために相談をしたことがありますが、相談した結果、経済状況を考えて解約だけした時もありました。

 

そんな時も適切なアドバイスをしてくれました。

 

保険を見直す際はぜひサービスを活用してみてください

> 保険を見直して大幅節約!経験者が教えるおすすめの保険見直し3ステップ

 

おすすめ関連情報

今回の内容以外にも、あなたの生活に役に立ちそうな情報をまとめました。

気になるものがあれば、一度チェックしてみてください。

 

モバイル代を見直して節約したい方は、コチラ

> 知らないと損する格安SIMカードで節約!選ぶポイント3つとおすすめ7選

 

ツラくない節約生活の始め方を知りたい方は、コチラ

> 怠け者でもできるツラくない節約生活の始め方!5つのコツと7つの削減項目

 

あなたのパフォーマンスを高めるために質の良い睡眠を手に入れたい方は、コチラ

> 快適な睡眠を手に入れるための完全マップの紹介

 

 

ここでの知識をぜひあなたの生活に役立てて、人生をジャンプアップしてください。

 

 

いろんな知識は、あなたの生活を豊かにします。

この内容をどこかで思い出して、友人やご家族にもぜひ教えてあげてくださいね。