保険の見直しを適切なタイミングでするための12のタイミング

LINEで送る
Pocket

保険の見直しを適切なタイミングでするための12のタイミング

 

こんな人におすすめの記事です

 

保険の見直しの適切なタイミングを知りたい人

「保険って見直した方がいいっていうけど、どんなタイミングですればいいんだろう。。。 それに見直しっていっても何から始めればいいんだろう。」

 

 

この記事では、そんな疑問に答えます。

 

本記事ではこんなことがわかります

 

  • 保険見直しを考えた方が良いタイミング
  • 見直しするとき何から始めればいいか

 

では、さっそくみていきましょう。

保険を見直すべきタイミング

保険を見直しをした方がいいとよく言われますが、どのようなタイミングで見直すのがいいのでしょうか。見ていきましょう。

 

あなたにライフイベントがあった時

ライフイベントがあったタイミング、あなたの人生の変わり目は、保険を見直すタイミングのひとつです。

なぜなら、人生の変わり目を境に、保険でカバーするべき範囲や必要な金額が変わるからです。

では、ライフイベントにはどんなものがあるでしょうか。

 

就職したとき

就職のタイミングで給料をもらって経済的に独立することになるでしょう。

就職のタイミングは、保険を見直すというより、初めて自分で保険を考えるべきタイミングかも知れません。

この就職したとき検討すべき保険は、医療保険と就業不能保険の2つといってもいいでしょう。

医療保険は、病気やケガの治療を目的とした入院や手術のときに、自己負担額分の医療費や、差額ベッド代、交通費などを補うための保険です。状況によって休職による収入減少分などが出るものもあります。

就業不能保険は、病気やケガで長期間働けなくなったときに生活費をサポートするための保険です。
これらが自分のために入る保険です。

もし生命保険に入るなら、それほど大きな保障は必要ありません。

なぜなら生命保険は、自分に万が一のことがあった場合、残された家族が困らないようにすることが目的の保険です。

結婚していないなら、葬祭費用として200-300万円程度で大丈夫でしょう。

 

結婚したとき

結婚をしたタイミングから保険は大きく意味合いが変わってきます。

独身のときは、保険は基本的に自分のために入るものでしたが、結婚すると「家族(配偶者)を守るため」のものになります。

夫婦でどのような保障が必要かよく話し合って保険を見直すようにしましょう。

特にどちらか片方だけが働いて収入を得ている場合は、働いている方が病気やケガがあった場合や、万が一のことがあると、配偶者は生活に困ってしまいます。

独身のときの保険では、とてもカバー仕切れないので、よく検討して見直すようにしましょう。

 

家族構成が変わったとき

家族構成が変わったときにも必要な保障が変ります。

また、収入と支出のバランスも変わるので、無駄な保険がないか無理がないかもきちんと見直すようにしましょう。

 

妊娠したとき

子どもを持つ予定なら、女性の方はそのタイミングで医療保障の見直しをおすすめします。

女性が妊娠したとき、医療保険は妊娠27週目以降は保険に入りにくくなるのが一般的です。

また、不妊治療をして妊娠した場合は、加入できる保険がとても少なくなるので注意してください。

もし加入できたとしても、 女性疾患だと保険金が支払われないといった制約があるものも珍しくありません。

また出産時に帝王切開や早産などになったとき、 事前に医療保険に入っておくと給付金を受け取ることができます。

こうした出産時の突発的な事態に対して保障される商品も、選択肢のひとつとして検討してもよいでしょう。

 

出産したとき

こどもが生まれたら保険を見直すようにしましょう。

子育てには多くのお金が必要になります。

特に大切なのは「将来的に必要となるこどもの学費」そして「親に万が一のことがあったときの生活費」です。

学資目的の保険や万が一に備えた生命保険を検討すると良いでしょう。

 

親を扶養にするとき

現代は、親を介護するケースも少なくありません。

介護することを考えると、生命保険の見直しを検討する必要があるでしょう。

もし、働き収入を得ている方に、万が一のことがあった場合、親と家族が生活するために必要なお金が残せるよう、介護保険や生命保険で保障を確保できるようにしておいてください。

 

離婚したとき

もし離婚をした場合、保険の見直しをした方がいいでしょう。

子どもがいなければ、結婚前と同様に自分のための保険に切り替えましょう。

つまり生命保険よりも、医療保険と就業不能保険で病気にかかったときや、長期働けなくなった時に備えましょう。

もし子どもいるならば、子どものその後の生活を第一に考えましょう。

自分が病気になった場合の治療費、生活費もそうですが、もし万が一の時のためにこどもが成人するまで、困らないようにある程度まとまったお金を残せるようにしておきましょう。

 

家を購入したとき

家を購入したときも、保険を見直すタイミングです。

住宅ローンを毎月払うのがことになりますが、毎月の返済に行き詰まることがないように、生活費や保険料を含め、出費の見直しを行ないましょう。

また住宅ローンを契約すると、団体信用生命保険(団信保険)というものにほぼ自動的に加入します。

団信保険とは、住宅ローンを借りている人が死んだ時に、それ以降の住宅ローンの支払いが免除される保険です。

それまで購入前に住宅分の保障を考えて保険に加入していた場合は、その部分が不要になります。

住宅ローンの支払いとともに、貯蓄ができるように、うまくバランスをみて検討するようにしてください。

 

こどもが独立したとき

子どもが独立するタイミングも、生命保険の見直しを行うタイミングです。

それまで教育に関わる費用がいらなくなります。

また万が一の時、子どもの生活費を賄うために生命保険を高め設定していたと思いますが、この部分を低く変更することができます。

また、夫婦の生活、老後や将来的な医療費に焦点をあてたり、個人年金を含め、老後を見据えたライフプランを考えるようにしてください。

それにあった適切な保険を検討するようにしましょう。

 

定年退職したとき、老後

定年退職や老後生活の時も医療や介護保障のための見直しをしておくと良いでしょう。

年齢を重ねると体の衰えとともに病気や入院の頻度が多くなるものです。

個人年金保険、終身保険、医療保険などをメインにして検討するといいでしょう。

 

自営業になったとき

会社に勤めていた状態から自営業になる時も保険の見直しをしましょう。

それは加入する公的医療保険が違うからです。

会社員が加入する健康保険と、自営業や専業主婦などが加入する国民健康保険では保障内容が異なるのです。

例えば会社員が加入する健康保険では、病気やケガで働けない状態になると給与の3分の2程度の傷病手当金を受け取ることができます。

しかし自営業の方は、会社員と同じような保障を受けられないので、自分自身で長期間働けなくなった場合に備えて就業不能保険や医療保険などに加入して、備えておくといいでしょう。

 

保険の新しい商品が出たとき

保険の新しい商品は次々と登場しています。

なかには現在の保険よりも自身や家族の環境に合った商品が見つかる場合もあるかと思います。

医療保険などでは、新しい治療法の保障を受けられるようになることもあります。

 

しかし、新しいものがいつも良いものとは限りません。

昔に加入した保険には、今よりもはるかに予定利率が高いものがあります。

その場合、解約して新しいものに入った場合、非常にもったいないことになりますので注意してください。

 

保険の更新、満期のとき

保険の更新とは、一定期間毎に保険料が段階的に上がったり保障額が下がったりするタイミングのことです。

端的にいうと、条件が悪くなるので他の保険と比較して納得するものを選んだ方がいいタイミングなのです。

また保険の満期とは、保険期間が終了するタイミングのことです。

保険自体がなくなってしまうので、このタイミングで改めて今の自分にとっていい保険、適切な保険を検討するようにしましょう

 

生活を見直すとき

今までのいずれの場合に当てはまらなくても、保険料が高い、負担が大きいと感じたら見直しをおすすめします。

経済的に厳しいのにも関わらず、無理して保険料を払い続けることはありません。
人生のリスクに備えるのが保険です。

それにも関わらず、保険料のために現在の生活を圧迫していては元も子もありません。

毎月いくらなら保険料が支払えるか、を確認した上で保険を見直すと良いでしょう。

 

保険の見直しは焦る必要はありません

保険を見直したほうがいいのは

  • 保険に加入した時と生活状況が大きく変わったとき、ライフスタイルが大きく変化したとき
  • 保険料の負担が気になったとき

保険の見直しは、それなりに専門的な知識が必要で検討に時間がかかるものです。

焦って見直した結果、いざというときに保障されずに困ってしまう、ということの内容に、確実に判断することが大切です。

 

保険の見直しは何からはじめれば良いか?

 

保険の見直しを行うとき何からはじめればいいのでしょうか?

 

もし、今の保険を契約した担当者が信頼できてあなたのことを第一に考え対応してくれる人なら、その人に相談してみるといいでしょう。

 

もし、今の保険の担当者が、いまいちだったり、別の人に見直し相談をして欲しかったら、保険見直しサービスを使うのがおすすめです。

 

保険見直しサービスが気になる方は、こちら!

> 保険を見直して大幅節約!経験者が教えるおすすめの保険見直し3ステップ

 

 

まとめ

では、今回の内容をまとめます。

  • 保険を見直すべきタイミング
    • 保険見直しタイミング1. 就職したとき
    • 保険見直しタイミング2. 結婚したとき
    • 保険見直しタイミング3. 妊娠したとき
    • 保険見直しタイミング4. 出産したとき
    • 保険見直しタイミング5. 親を扶養にするとき
    • 保険見直しタイミング6. 離婚したとき
    • 保険見直しタイミング7. 家を購入したとき
    • 保険見直しタイミング8. こどもが独立したとき
    • 保険見直しタイミング9. 定年退職したとき、老後
    • 保険見直しタイミング10. 自営業になったとき
    • 保険見直しタイミング11. 保険の新しい商品が出たとき
    • 保険見直しタイミング12. 保険の更新、満期のとき、生活を見直すとき
  • 保険の見直しは焦る必要はありません
    • 保険の見直しには専門的な知識が必要で検討に時間がかかもの、焦らずに行いましょう

 

いかがでしたか?

 

保険の見直しは、専門的な知識が必要になるので難しいものです。

専門家に相談すると思った以上にスムーズに進められます。

こちらの希望を伝えることで、適切なアドバイスをしてくれます。

 

保険を見直す際はぜひサービスを活用してみてください

> 保険を見直して大幅節約!経験者が教えるおすすめの保険見直し3ステップ

 

おすすめ関連情報

今回の内容以外にも、あなたの生活に役に立ちそうな情報をまとめました。

気になるものがあれば、一度チェックしてみてください。

 

モバイル代を見直して節約したい方は、コチラ

> 知らないと損する格安SIMカードで節約!選ぶポイント3つとおすすめ7選

 

ツラくない節約生活の始め方を知りたい方は、コチラ

> 怠け者でもできるツラくない節約生活の始め方!5つのコツと7つの削減項目

 

あなたのパフォーマンスを高めるために質の良い睡眠を手に入れたい方は、コチラ

> 快適な睡眠を手に入れるための完全マップの紹介

 

 

ここでの知識をぜひあなたの生活に役立てて、良い人生を楽しみましょう。

 

 

いろんな知識は、あなたの生活を豊かにします。

この内容をどこかで思い出して、友人やご家族にもぜひ教えてあげてくださいね。