理想的なまくらの高さとは? 睡眠不足を完全解消! まくら選びの3つのポイント

LINEで送る
Pocket

理想的なまくらの高さは? 睡眠不足を完全解消! まくら選びの3つのポイント

 

こんな人におすすめの記事です

 

まくらがあわなくて夜中に何度も目がさめてしまっている方熟睡できるまくら選び方法を知りたい方

この記事では「まくらが合わなくて安眠できない。。。」「ぐっすり眠れるまくらを選ぶ方法を教えてほしい」そんな疑問に答えます。

 

寝具の相談で最も多いのは、まくら選びについて、ともいわれます

 

だれにでもわかる簡単な内容なので、ぜひあなたもチェックしてみてください。

そして快適な睡眠の後のすがすがしい目覚めを手に入れてください。

 

1. 睡眠に最適なまくらの高さ

”まくら”は、人間の体の中で最も重い部分であるアタマを支える道具です。

そのため、まくらが自分に合うか合わないかは快眠にとってすごく大切なポイントなのです。

結論からいうと、ベッドや敷布団選びと同じで「立っている時のアタマとクビの状態を保てるまくら」が良いのです。

つまり ベッド(or 敷布団)+ まくら で立っている状態を保つというのがベストの寝具選びなのです。

頭の高さを、体の状態に合わせるということです。

平均的に見ると6〜10cm の高さが最も快適に感じるといわれています。

まくらに関しても個人差があるので実際に試せるお店に入って寝心地を必ず確認するようにしてください。

 

2. 快適に感じるまくらの素材

今はいろいろな素材のまくらが出まわっています。

一時期、すごい注目を浴びた低反発まくら。

頭を乗せた時のフィット感が良い優れものです。非常に気持ちがいいですよね。

ただ、素材が変形して密着感が高まるため、暑い夏の時期には蒸れた感じになることを頭に入れておいてください。

「蒸れ」という面で見ると伝統的なそばがらやビーズのまくらは通気性に優れていますので夏が快適です。

まくらの素材には、それぞれ特性があるので、季節によって枕をかえてみるのもひとつの快眠を得るめの方法です。

 

3. 寝返りは、熟睡しているサイン

まくら選びにはもうひとつ全く違ったアプローチがあります。

それは「寝返りを重視する」方法です。

寝返りを打ったとたんに、腰やクビに痛みを感じて目を覚ましてしまう人がいます。これは、まくらの高さがうまくあっていなかったり、寝返りでまくらの高さが変わることが原因の場合が多いのです。

睡眠中、私たちは無意識のうちに何度も寝返りを打っていますが、これはぐっすり眠れているサインでもあります。

逆にいえば、寝返りを打ちやすいまくらが快眠を呼ぶともいえるわけです。

この観点から、寝返りをジャマしないまくらを選ぶというのも、比較的わかりやすい選び方なのでオススメです。

 

おすすめ

上記のポイントを押さえて、おすすめの「まくら」ベスト3をご紹介します。

「腰痛」や「ヘルニア」というからだの痛みを感じている人はもちろん、睡眠不足で目覚めがスッキリしないと悩んでいる人は、ぜひ読んでみてください。

また引越しや1人暮らしをきっかけに新しく寝具を買おうと考えている人も、買う前にぜひ読んでくださいね。

 

まとめ

では今回の話を簡単にまとめてみます!

  • まくら選びは、立っている時の頭とクビの状態を保てるものを選びましょう
  • 平均的に見ると6〜10cm の高さが最も快適に感じます
  • まくらの素材には特性があるので、それを考慮して選びましょう
  • 寝返りは熟睡のサイン。寝返りを邪魔しないまくらを選びましょう
  • 最適なまくらは個人差があるので、実際に試して寝心地を必ず確認しましょう

 

快適なまくら選びは、いかがでしたか?

この3つのポイントを意識して選ぶと、すごく選びやすくなるので、ぜひあなたも試してください。

 

おすすめ関連情報

質の良い睡眠は、あなたの人生を豊かにします。

 

質の高い睡眠をとりたい方はコチラがオススメです

> 眠れない原因を解消!快適な睡眠を手に入れるための完全マップ

 

ここでの知識をぜひあなたの睡眠に役立ててください。

 

 

ちょっとした知識が、あなたの生活を豊かにします。

この内容をどこかで思い出して、友人やご家族にもぜひ教えてあげてくださいね。