エンジニア転職でおすすめの転職エージェント5選!エンジニアに求められる技術以外の3つのポイントとは?

LINEで送る
Pocket

このページの内容

エンジニア転職でおすすめの転職エージェント5選!エンジニアに求められる技術以外の3つのポイントとは?

 

こんな人におすすめの記事です

 

エンジニアで転職を考えている人、エンジニアだけど技術にあまり自信がない人

「エンジニアで転職を考えているけど転職をうまく成功させるための方法とかってあるのかなぁ。エンジニアだけどガッツリ技術をやってきたわけじゃないから少し自信がないけど、大丈夫かなぁ。。。もしいい方法があるなら知りたい」

 

この記事では、そんな疑問について考えてみます。

 

本記事でこんなことがわかります

  • エンジニアの転職で大切なこと
  • エンジニアが技術以外で求められること
  • エンジニアの転職を成功させるための方法
  • エンジニア系に強い転職エージェントを利用することのメリット、デメリット

 

いろいろな転職サービスを使いながら、過去に3回の転職を成功させた経験からお話しします。

 

では、さっそくみていきましょう。

 

エンジニアの転職で大事なこと

転職を成功させるうえで大切なことは、いろいろあります。

それはエンジニアが転職するでも、基本的に一緒です。

 

自己分析をキッチリしたうえで、自分にあった求人情報をうまく見つけ出すことです。

給与や労働時間などの条件面だけではなく、自分がその会社で何を得られるのか、どういったスキルを手に入れられるか、そして自分が無理しないで働ける、自分にあった会社に転職することが成功と言えるでしょう。

 

自己分析をするうえで、技術というのはエンジニアにとって重要な1面でしょう。

知識の豊富さや技術力の高さは確実に評価されます。

しかしエンジニアに求められているのは技術だけではありません。

 

では、エンジニアが技術以外に求められている3つのポイントとは何でしょう?

 

エンジニアに求められる技術以外の3つのポイント

エンジニアが技術以外に求められている3つのポイントを見てみましょう。

 

技術以外に求められるポイント1. 時代の流れに対する興味、関心があること

エンジニアが技術以外に求められる1つめのポイントは、時代の流れに対する興味、関心があることです。

最近の技術が進化するスピードは、年々早くなっています。

実際に手を動かしていなくても、どのような技術がトレンドで、どのようなことができるのかといった最新の技術トレンドに興味を持つことは非常に大切です。

継続的に情報にふれることで関心を持つようにしましょう。

 

技術以外に求められるポイント2. 論理的(ロジカル)な思考であること

エンジニアが技術以外に求められる2つめのポイントは、論理的(ロジカル)な思考であることです。

エンジニアは、システムやサービスを作り出すことに関わる仕事です。

お客さんやサービスを使うユーザーの課題を解決したり、より利便性を高めたりすることが主な仕事と言えるでしょう。

つまり課題を的確にとらえ、解決策を考えられる力(ちから)が求められるということです。

普段からから筋道たてて考えるようにすることで、論理的思考を身につけましょう。

 

技術以外に求められるポイント3. コミュニケーションができること

エンジニアが技術以外に求められる3つめのポイントは、コミュニケーションができることです。

エンジニアの仕事は、システムやサービスを作り出すことですが、それはお客さんやサービスを使うユーザーの要望を的確にくみ取る必要があります。

また、ひとりではなく、チームでものごとを進めることがほとんどなので、プロジェクトに関わるメンバーと上手く連携するためのコミュニケーション能力が求められます。

決して、口が上手である必要はありませんが、必要なコミュニケーションが取れるようにしましょう。

 

 

エンジニアでも、技術をガッツリやっていない人は、この3つのポイントをアピールすることで有利に持っていけるでしょう。

 

エンジニアに求められる技術以外のポイントを紹介しました。

 

では、転職を成功させるための自己分析をキッチリして、自分にあった求人情報をうまく見つけ出すにはどうすればいいのでしょうか?

 

エンジニア転職で自己分析をし、転職先をうまく見つけ出すためには?

エンジニア転職で自己分析をし、転職先をうまく見つけ出すのに、いい方法があります。

 

結論を言ってしまうと、転職エージェントを利用することです。

転職エージェントといっても、エンジニア系に強い転職エージェントを使うといいでしょう。

 

エンジニア系に強い転職エージェントを使うとどういう点がいいのでしょうか?

 

 

エンジニア系に強い転職エージェントを利用するメリットとデメリット

エンジニア系に強い転職エージェントを使うメリット、デメリットを紹介します。

 

エンジニア系に強い転職エージェントを使うメリット

エンジニア系に強い転職エージェントを使うメリットを見てみましょう。

 

エンジニア系転職エージェントを使うメリット1. エンジニア系の求人情報を多く保持している

エンジニア系転職エージェントを使うメリットの1つめは、ITやエンジニアに特化していて、専門性の高い求人が充実していることです。

また転職エージェントなので、非公開求人があることも多く、あなたにあった求人情報が見つかる可能性が高くなります。

 

エンジニア系転職エージェントを使うメリット2. エンジニア業界に強い転職コンサルタントがサポート

エンジニア系転職エージェントを使うメリットの2つめは、エンジニア業界に強い転職コンサルタントのサポートが受けられることです。

コンサルタントのIT、WEBの知識が高く、専門用語が多くなりがちなエンジニア経験者と対等に話ができるので、スムーズに転職活動を進めることができる。

 

エンジニア系転職エージェントを使うメリット3. 転職エージェントならではの手厚いサポートが無料で受けられる

エンジニア系転職エージェントを使うメリットの3つめは、転職エージェントならではの手厚いサポートが無料で受けられることです。

転職エージェントを利用すると、基本的に担当の転職コンサルタント(エージェント)がついて、面談を通してあなたの希望や志向を聞き出してくれます。

そのうえで、ひとりひとりに寄りそった求人紹介や企業別に対策した経歴書の添削、面接対策を実施できるので、選考通過率が高くすることができます。

 

エンジニア系転職エージェントを使うデメリット

エンジニア系に強い転職エージェントを使うデメリットを見てみましょう。

 

エンジニア系転職エージェントを使うデメリット1. エンジニア系以外の求人情報を同時に見たいときに不足感を感じる

エンジニア系転職エージェントを使うデメリットとしては、エンジニア系以外の求人情報も見てみたいときに不足感を感じることです。

もし転職希望者が、ITやエンジニアだけでなく、他の職種の求人情報を見たうえで応募先を判断したい場合に、エンジニア系以外の求人が少なくあまり選択肢がないことが考えられます。

そういう場合は、総合系の転職エージェントを使うことも検討してみるといいでしょう。

 

 

エンジニア系に強いおすすめの転職エージェント5選

では、エンジニア系に強いおすすめの転職エージェントを紹介します。

総合系の転職エージェントもありますが、大手の総合系転職エージェントは、エンジニア系の案件も非常に多く、担当になる転職コンサルタント(エージェント)もIT、エンジニア系専門で担当するケースがあるので心配なく利用できます。

 

レバテックキャリア

レバテックキャリアは、ITやエンジニアに特化していて専門性の高い求人が充実しています。

相談したり、企業を紹介してくれるキャリアコンサルタントのITやWEBに関する知識が高く、エンジニア経験者と対等に話ができてスムーズに進めることができます。
> レバテックキャリアのサイトで詳しくみる

メイテックネクスト

メイテックネクストはエンジニア専門の転職エージェント。

最近は、自動車や重工メーカーなど大手メーカーからのITエンジニア求人が増えています。

転職を考えているITエンジニアはもちろん、ワークライフバランスを改善したいエンジニアには、新しい働き方や可能性についての提案があるかも。

> メイテックネクストのサイトで詳しくみる

 

リクルートエージェント

転職支援実績No1の累計41万1,000名以上。

応募が殺到しすぎるため企業戦略上、一般公開できない魅力的な求人もあるといいます。ホントすごいです!

> リクルートエージェントのサイトで詳しくみる

 

マイナビエージェント

定番のマイナビエージェントです。大手なので案件も多く、登録して損はしないはずです。

転職相談は対面だけでなく、電話でも可能です。非公開求人・独占求人からなど、幅広い求人情報が多いので、きっと希望するやりがいのある仕事が見つかるでしょう。

> マイナビエージェントのサイトで詳しくみる

 

DODA(デューダ)

業界最大級のDODA(デューダ)です。いろいろな非公開求人情報が多いので登録しておくといいでしょう。

応募企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポートしてくれます。

> DODA(デューダ)のサイトで詳しくみる

 

 

まとめ

では、今回の内容をまとめてみましょう。

  • エンジニアに求められる技術以外の3つのポイント
    • 時代の流れに対する興味、関心があること
    • 論理的(ロジカル)な思考であること
    • コミュニケーションができること
  • エンジニア転職で自己分析をし、転職先をうまく見つけ出すためには?
    • 転職エージェントを利用する。エンジニア系に強い転職エージェントを使うのがおすすめ
  • エンジニア系に強い転職エージェントを使うメリット
    • エンジニア系の求人情報を多く保持している
    • エンジニア業界に強い転職コンサルタントがサポート
    • 転職エージェントならではの手厚いサポートが無料で受けられる
  • エンジニア系転職エージェントを使うデメリット
    • エンジニア系以外の求人情報を同時に見たいときに不足感を感じる

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

気になるものがあれば、一度チェックしてみてください。

 

いろいろな転職サービスを使って3回の転職を成功させた最強の転職方法は、こちら

これある生活
これある生活

 

転職サイトについて、知りたい人はこちら

これある生活
これある生活

 

転職エージェントについて、知りたい人はこちら

これある生活
これある生活

 

家で過ごす時間を持て余している人は、こちらがおすすめ

これある生活
これある生活

 

怠け者でもできるツラくない節約生活の始め方を知りたい人は、こちら

これある生活
これある生活

 

ぐっすり快適に眠て健康な生活を送るための情報を知りたい方は、こちら

 

ここでの知識をぜひあなたの生活に役立てて、良い人生を楽しみましょう。

 

 

いろんな知識は、あなたの生活を豊かにします。

この内容をどこかで思い出して、友人やご家族にもぜひ教えてあげてくださいね。