知らないと人生で損する?辞めたほうがいい会社の3つの条件(我慢する必要ありません)

LINEで送る
Pocket

読んでおかないと人生を損する?辞めたほうがいい会社の3つの条件。我慢する必要ありません!

 

こんな人におすすめの記事です

 

今の会社で働き続けることに疑問を持っている人、会社を変えたり、転職するか迷っている人

「今の会社でずっと働き続けて大丈夫かなぁ。転職とか考えるのってどんな時かな。転職するときって、何を基準に考えたらいいかを知りたい」

 

この記事では、そんな疑問に答えます。

 

本記事でこんなことがわかります

  • 辞めたほうがいい会社の条件
  • 働くことに関してこれからの時代に基準にすべき考え方
  • 転職を成功させるための手順

 

いろいろな転職サービスを使いながら、過去に3回の転職を成功させた経験や転職業界の人からの情報を踏まえてお話しします。

 

では、さっそくみていきましょう。

 

辞めたほうがいい会社の条件3つのポイント

会社で働くことについて「石の上にも3年。3年は我慢して働いたほうがいい」って耳にしたことありませんか?

 

場合によってはこの言葉が当てはまるかもしれませんが、関係なく辞めたほうがいい場合もあります。

ここでは辞めたほうがいい会社の条件3つを紹介します。

3つのうち1つでも当てはまれば、辞めることを考えはじめたほうがいいでしょう。

 

あなたは大丈夫かチェックしてみてください。

 

辞めたほうがいい会社の条件1. 目指したいと思える先輩や上司がいない

辞めたほうがいい会社の条件の1つめは、目指したいと思える先輩や上司がいないことです。

あなたが目指したいと思える先輩や上司がいたら、きっとあなたのやる気は必然的にあがり、その人の後ろを追いかけようとするでしょう。

でも、目指したいと思えるような先輩や上司がいないというのは「会社や組織がそういう人を望んでいないから」という場合が多いのです。

つまり言ってしまえば、自分が望む人間になることを許されない会社である可能性が高いのです。

「いないなら自分がなればいい」という考え方もあるので、もちろんそうなれるように事項してみるのもいいでしょう。

試してみて、足を引っ張るような人がいたら、すぐに辞めたほうがいいでしょう。

逆風の中を無理して進むより、無風や追い風の場所を探して、やりやすい中で働くほうがよっぽど健全です。

だから、目指したいと思える先輩や上司がいるかどうか、よく考えてみてください。

 

辞めたほうがいい会社の条件2. 成長できない環境

辞めたほうがいい会社の条件の2つめは、成長できない環境です。

なぜなら、成長できないというのは、現状維持ではなくむしろ停滞を意味するからです。

今は人生100年時代と言われています。

生きていくためには、それだけ長いこと収入を稼ぎ続ける必要があります。

このような状況にも関わらず、成長できない環境で働き続けることは、長い目でみると命取りになります。

例えば、社内での勢力競争、派閥闘争みたいなもので消耗するような会社だったり、その会社以外では通用しそうにないことにばかり力(ちから)を注がないといけないようなときは、早めに見切りをつけたほうがいいでしょう。

あなたが今いる会社が成長できる環境か、どうかをチェックしてみてください。

 

辞めたほうがいい会社の条件3. 理不尽なことが多い

辞めたほうがいい会社の条件の3つめは、理不尽なことが多いことです。

そんな会社では、論理的に筋道が通っていないことで責任を追わないといけなかったり、今まで積み上げてきたことが誰かの思いつきだけで覆(くつがえ)ってしまったりします。

論理がないから、予測もできないですし、学習して避けることができないということなので、我慢していること自体が無駄です。

ずっと残業が続いている状況だったり、無駄に業務に直結しない社内活動が多かったりします。
また、社内の決まりを守らなかったら実際には、それほどインパクトがないにも関わらず反省文を書かされたりする場合もあります。こういうものは、会社であれば、仕組みで解決するように取り組むべきことです。

このように理不尽なことが多い会社は、いても消耗するだけなので、早めに転職など方向転換を考えたほうがいいでしょう。

今の会社で、理不尽なことがないか、考えてみてください。

 

これからの時代、働くときに基準にすべき考え方

これからの時代で働くことについて、基準にすべき考え方があります。

先ほども触れましたが、これからは人生100年時代だということです。

 

生きていくためには、それだけ長いこと収入を稼ぎ続ける必要があります。

10年ほど前までは、定年が60歳といわれていましたが、今や70歳とか75歳とかいわれています。

また年金自体が崩壊している現代では、生きていくために収入を稼ぎ続ける必要があります。

つまり、それなりに長いこと働き続ける必要があります。

 

それだけ長く働くなら、転職だったり、フリーランスになったりと、誰もが数回の方向転換をする必要が出てくるでしょう。

それなら、しっくりくる仕事や会社、働きかたを、少しでも早く見つけたほうがいいはずです。

決して「石の上にも3年」とかいって、何年も長いこと我慢して、無駄にしないでください。

 

 

方向転換(転職)を成功させるための手順

方向転換としての転職を成功させるためのポイントのような情報は、インターネットで探せばどれだけでも知ることができます。

しかし、実際に転職で成功した人が、具体的にどんな手順で転職活動を進めたかは、あまり見ることはできません。

 

そこで、ここでは具体的な転職活動の手順を大公開します。

もし、あなたが転職をしようと思っているなら、一度チェックしてみてください。

 

手順を知ることで、すぐに真似することもできますし、あなたがいいと思ったところだけ使いながら、自分にあった方法を考え進めることもできます。

何よりも、悩まずに、すぐに転職活動を始めることができる点がいいと思います。

 

もちろん見るかどうかはあなたしだいですが、見るだけなら何ひとつ損はないと思います。

 

いろいろな転職サービスを使って3回の転職を成功させた最強の転職方法は、こちら

これある生活
これある生活

エンジニアのケースで紹介していますが、エンジニアに限らず、転職を成功させるために参考になる情報がご覧いただけます。

 

まとめ

では、今回の内容をまとめてみましょう。

  • 辞めたほうがいい会社の条件3つのポイント
    • 目指したいと思える先輩や上司がいない
    • 成長できない環境
    • 理不尽なことが多い
  • これからの時代、働くときに基準にすべき考え方
    • 今は人生100年時代、50年以上、長く働く必要がある
    • 転職だったり、フリーランスになったりと、誰もが数回の方向転換が必要になる
    • 早く自分にあう環境、仕事を見つけるように自分を磨きつつ、チャレンジしよう
  • 方向転換(転職)を成功させるための手順があるので参考にするのもあり

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

気になるものがあれば、一度チェックしてみてください。

 

転職サイトについて、知りたい人はこちら

これある生活
これある生活

 

転職エージェントについて、知りたい人はこちら

これある生活
これある生活

 

家で過ごす時間を持て余している人は、こちらがおすすめ

これある生活
これある生活

 

怠け者でもできるツラくない節約生活の始め方を知りたい人は、こちら

これある生活
これある生活

 

ぐっすり快適に眠て健康な生活を送るための情報を知りたい方は、こちら

 

ここでの知識をぜひあなたの生活に役立てて、良い人生を楽しみましょう。

 

 

いろんな知識は、あなたの生活を豊かにします。

この内容をどこかで思い出して、友人やご家族にもぜひ教えてあげてくださいね。