睡眠不足解消法!快適な睡眠のためのお風呂の入り方と3つのルール

LINEで送る
Pocket

快適な睡眠のためのお風呂の入り方と3つのルール

 

こんな人におすすめの記事です

 

 

夜なかなか眠れなくて悩んでいる人、寝かそうとしている子どもがなかなか寝付かなくて困っているママやパパ

「夜ぐっすり眠れない。とにかく少しでも早く気持ちよく眠りにつく方法って何かないかなぁ?」

 

 

この記事では、そんな疑問に答えます。

 

スムーズに眠りにつくためには、体の内側の温度(深部温度)を下げるのがいい!

あなたは、体の内側の温度(深部温度)を下げることで気持ちよく眠りにつけること知っていますか?

もし「そんなこと聞いたことない」「はじめて聞く!」という方は、以下の記事をチェックしてみてください。

快適な睡眠のために、ぜひチェックしてみてください

 

 

 

体の深部温度を下げるためには、お風呂に入るのがいい

スムーズに眠りにつくためには、体の内側の温度(深部温度)を下げればいい、ということはわかっていただけたと思います。

それでは、どうやって体の深部温度を下げればいいのでしょうか?

それは「お風呂に入る」ことです!

「えっ!お風呂に入るの?それじゃ逆に体温が上がっちゃうんじゃないで」って思いませんか?

 

ところが、それが違うんです。

ここでは、効果的なお風呂の入り方について、重要な3つにしぼってご紹介します

 

入浴時間は20分程度がおすすめ

お風呂に入る時間は、手足が温まってくる程度で、深部体温があまり上がらない長さが理想です。

深部体温(体の内側の温度)が逃げやすくなるのに、ちょうどいい入浴時間は20分間です

お風呂に入ると、最初のうちは深部体温が少し上がりますが、徐々に血流がよくなり、熱が体表面に移っていくのです。

お風呂から出ると、深部体温が急激に下がり始めます。

この深部体温が急に下がることが睡眠には重要で、眠気が促進されて寝つきがよくなります

でも20分間を超えて入る長風呂だと、こんどは逆に深部体温が上がり過ぎて、寝つきが悪くな流ので気をつけてくださいね。

 

お湯の温度は38ー40度がベスト!

よい睡眠のためには、41度を超える熱いお風呂はよくありません

体内の動きをコントロールしている神経には、交感神経と副交感神経という二つの系統があります。

交感神経は体の動きを活発化させますが、副交感神経は動きを鎮め、リラックスさせるものです。

体を休ませたり眠らせたりするのが副交感神経の仕事です。

熱いお風呂に入ると、交感神経を刺激し体を目覚めさせてしまいます。

気持ちよく眠るための理想的なお風呂の温度は38−40度です。

 

冷え性の方は、血行が悪く体内の熱を手足に運べないので、熱が体内にこもり寝つきが悪くなります。

そういう方には、この入浴方法が特に高い効果を発揮します。

 

お風呂に入る時間がないという方には、もっとも簡単に同じ効果が得られる方法があります。それは「足湯」です。

バケツに38ー40度のお湯をはり、20分間両足を入れることで、よい睡眠を取ることができます

ただし、バケツに保温機能はありません。お湯の温度はどんどん下がってしまうので、ポットを用意してお湯を足していくなどの対策をおこなってください

 

よく眠るには、睡眠の1時間前にお風呂に入るのがおすすめです

ぬるめのお風呂に入ることで寝つきはよくなりますが、その効果を最大限に生かすためには、入るタイミングもすごく重要です。

仕事から帰宅した夕方に、すぐにお風呂に入っていまう人がいますが、これも眠りの観点からはいいとは言えません。

と言うのも、いつも眠りについている3ー4時間前の時間帯は、体温が1日の中で一番高くなっていて、体はとても活動的になります。

この体温が一番高い時間にぬるめのお風呂に入っても、入眠に充分な熱の放出がされません。

そして眠る時には、深部体温が下がらないため「眠ろうとしても眠れない」状況になってしまいます。

 

また逆に、寝る直前にお風呂に入ると、体が火照ってしまい、これもまた眠れない原因になります。

 

つまり、就寝1時間前が一番おすすめのお風呂タイムです。

この時間にお風呂に入ることを心がけましょう。

 

おすすめ情報

いろんなことが気になってどうしても、眠れないときってありますよね。そんなとき、少しだけ眠りにつきやすくするために、これを試してみてもいいですよ。

  • なかなか寝つけない
  • 寝たはずなのに朝スッキリ起きれない
  • 十分、寝てるはずなのに疲れが取れない

そんな人におすすめです。

グッドナイト27000(機能性表示食品)

眠りに悩みがある方は、一度試してみてください。気軽に試せるのがおすすめですよ。

 

まとめ

では今回の話を簡単にまとめます!

快適な睡眠のためのお風呂の入り方 3つのルールは

  • お風呂に入る時間は20分程度がベスト
  • お風呂の温度は38ー40度がちょうどいい
  • お風呂に入るタイミングは、眠る1時間前に

 

快適な睡眠のお風呂の入り方はいかがでしたか?

今日からでもできることだと思うので、ぜひ一度試してみてください。

 

関連情報

質の良い睡眠は、あなたの人生を豊かにします。

 

質の高い睡眠をとりたい方はコチラがオススメです

> 眠れない原因を解消!快適な睡眠を手に入れるための完全マップ

 

ここでの知識をぜひあなたの睡眠に役立ててください。

 

 

ちょっとした知識が、あなたの生活を豊かにします。

もし睡眠不足で悩んでいる人がいたら、この内容を思い出して、友人やご家族にもぜひ教えてあげてくださいね。